花粉症は治る!花粉症の治し方

花粉症は治る!花粉症の治し方

花粉症は治るものです。

おそらくほとんどの人が治ると思います。

重度の花粉症の私がそうだったからです。

このページではどうすれば花粉症は治るのかを記載していきます。

ヨーグルトで花粉症は治る?

私が子供の頃から頻繁に食べているヨーグルト。

世間ではヨーグルトが花粉症に良いと言われています。

テレビでもヨーグルトを食べて花粉症が治ると言っていたことがありました。

ヨーグルトといっても花粉症が治る乳酸菌というものがあるらしいです。

私はいろんなヨーグルトを食べましたが私にはあまり(全く)効いていないようです。

食べている種類が違うのかもしれませんが。

花粉症に良いヨーグルトを花粉症の人に食べてもらう実験をテレビでやっていたのを観ましたが、花粉症が治る人とそうでない人がいました。

人によりけりなのかもしれません。

花粉症を治すためには免疫機能を低下させるトランス脂肪酸は避ける?

マーガリンやお菓子、パンの原料でよく目にするショートニング、ファットスプレッドはトランス脂肪酸です。
このトランス脂肪酸は免疫機能を低下させる食品とされています。
これらは食べない方が良いと思いますが、このページの下方に記載している花粉症の治し方を実践した時は、あまりこれらに左右されませんでした。

アルコールは花粉症が治るのを妨害する?

日本酒、ビール等に含ませるアセトアルデヒドが鼻水、くしゃみ、鼻づまりなど、主に鼻に起きる症状を悪化させるとの事です。
たしかに、花粉症の時はアルコールの摂取で症状が悪化するようでした。
これも花粉症は治るものですので、花粉症の症状が出なくなればこれらも気にしなくてよくなります。
小手先の注意より根本治癒をめざしましょう。

農薬が花粉症の治りを遠ざける?

農薬も免疫を下げるとの事です。
でも無農薬の野菜は特別な自然食品店で買わなければ、手に入りません。
近所のスーパーに買いに行っているとどうしても農薬のかかった野菜を食べないわけにはいきません。
できれば農薬のかかっていない自然なものを食べた方が良いようです。
これもさることながら花粉症の治療にはもっとおすすめの花粉症対策方法を↓に記載します。

花粉症が治る「食」との出会い

病院に行っても治療法がないので何か治療法がないか別の病気のことをインターネットで調べていたときのことです。

ある食材?(薬草)に目が留まりました。

その食材は現代医学では治せない、いろんな病気を治すことが出来、花粉症にも良いとの事です。

その時は花粉症を治すことが目的ではなく別の病気を治すことが目的で、

半信半疑でその薬草を購入しとりあえず試してみました。

しかし、そう簡単に病気が治るものでもありません。

参考にしたサイトにはしばらく飲み続けなければ効果がないとは記載されていました。

2か月ほど試していた時です。

年中花粉症の私は、ふと、花粉症の症状が治まっていることに気づきました。

いつもと違い行っていることはその食材を2か月ほど摂取してきたことしか思いつきません。

その食材を摂取することを止めたら、4~5日後には花粉症の症状が再発しましたが、私は薬草というものに非常に興味が湧きました。

現代医学では舌下療法という一種の花粉を薄めた物を摂取し続けてその種の花粉症を治すというものくらいしか、花粉症を治す方法はないとされています。

しかし、薬草を摂取したことで花粉症が一時的ではありますが改善したのです。

それもいろんな花粉やハウスダストに花粉症の症状が出てしまう私が、そのどれに対しても症状が出なくなったのです。

そこで薬草による花粉症の治療を試してみることにしたのです。

ところで、この時、私が用いていた薬草とはどくだみ茶を抹茶状にしたものでした。

薬草で花粉症は治る

漢方薬を調べていると分かりますが、漢方薬の原料は全て薬草です。

漢方薬の原料である薬草の1つ1つにいろんな効能があります。

そして薬草のトッピング次第では効能が数倍にアップしたり、効能が無くなったりするのだそうです。

例えばAという薬草に身体を温めるの効能があって、Bの薬草にはその効能はないけれどAと相性の良いものをトッピングした場合、、身体を温める効能が数倍にもなるとの事。

逆に毒のある薬草と毒消しの薬草をトッピングして、毒を打ち消して(毒の効果を無くして)用いるものもあるのだそうです。

先に使った薬草以外にも、薬草のトッピング次第で、もっと急速に花粉症が治るものもあるのではないかと考えたのです。

次のページに記載します。

花粉症 対策で治せる<花粉症はだれでも治る>

舌下免疫療法で花粉症が治る

現代医学の最先端の療法「舌下免疫療法」でも花粉症を治すことができます。

簡単にいうとスギ花粉症のスギのエキスを少しずつ体に取り込み、体を慣れさせる方法です。

これと似たような方法で、食品アレルギーもちょっとずつアレルゲンを体に取り込んでアレルギー症状を治した人もいると聞いたことがあります。

アレルゲンを体に慣れさせるこの方法を独断で試すと大変危険なのでやめましょう。

アレルギーのショック症状を引き起こした場合が大変なことになるからです。

話しを戻しますが、舌下免疫療法は1種類の花粉症に対してのみ有効になります。

日本ではスギ花粉のみ治療薬があります。

この療法を行った場合、例えばスギ・ヒノキの両方にアレルギーのある方は、スギ花粉に反応していた部分のみがよくなります。

舌下免疫療法の治療期間は少なくとも2~3年の期間継続しないと花粉症を治すには至らないと言われています。

数年この治療を続けても花粉症が治る人は2割にとどまり、6割の人は花粉症の症状が軽くなるのだそうです。

それもスギ花粉にしか効果がありませんので、どんな花粉に対しても有効であるどくだみ茶などの薬草を用いた花粉症対策をも行った方が花粉症は治る確率は高いのではないかと思います。

つまり、舌下免疫療法(医学的に治す)+薬草(自分で治す)の治療を行うことで花粉症の治る確率は上がると言えるのではないかと思います。

コメントは停止中です。