花粉症でのどが痛い時の原因と対策

花粉症でのどが痛い時の原因と対策

花粉症にはさまざまな症状があり、その一つが「喉の痛み」です。

花粉症の代表的な症状と言えば鼻のムズムズ、鼻水、鼻詰まりや目のかゆみなどよく知られていますが、これ以外にも「喉の痛み」を花粉症の症状として訴える人も少なくありません。

花粉症によって喉の痛みが発生する仕組みを知り、どうしたら緩和・予防できるのか、また、花粉症の根本治癒はどうすればよいのかをお伝えしていきたいと思います。

花粉症からくる「のど」の症状

1. 「のど」の腫れ

花粉症によるのどの不調の1つ目に、のどの腫れやそれにともなう痛みが挙げられます。
風邪をひいているわけではないのにのどが腫れている場合は、花粉症が原因かもしれません。

2. 「のど」がかゆい・かゆみがある

花粉症でのどのかゆみを訴える人もいます。のどに手をつっこんで掻くわけにはいかないので大変辛いものです。

舌を器用に動かしてみてもなかなか痒いところに舌が届きません。

人によっては、夜も眠れないほどの症状になってしまう場合もあるようです。

3. のどがイガイガ・モザモザする

3つ目の花粉症が原因で起こるのどの不快感に、のどのイガイガがあります。

花粉症はまるで風邪でもひいたかのような症状になることもあります。

その原因を見て行きましょう

花粉症で「のど」が痛い、腫れている原因

1、「のど」で花粉症のアレルギー反応が起きている

花粉は目には見えなくとも大量に飛散しています。

それは鼻だけでなく、目、口そして「のど」にも付着します。

「のど」に付着した花粉がアレルギー反応を起こしてしまいます。

花粉症のよくある症状の1つに鼻づまりがありますが、これは鼻の粘膜が腫れ、鼻の通り道が狭くなることによっておこります。

これと同じ症状が喉で起こっているのです。

喉に付着した花粉がアレルギー反応を起こし、それが原因で喉が腫れているため花粉症による「のど」の痛みが発生してしまうのです。

2. 口呼吸が増えて雑菌が入ったため

花粉症の主な症状は、鼻水がとまらない、鼻づまりといったものがあります。

これらの症状によって、鼻で呼吸するのが苦しくなってしまうため、どうしても口呼吸をしてしまいがちになります。

花粉症による鼻水、鼻づまりが原因で、口で呼吸をしなければならない方は、鼻呼吸をするよりも花粉が口の中に侵入しやすくなります。

鼻の中は吸い込んだ空気を温め、空気に湿度を与え、空気中の異物を取り除く構造になっています。

しかし、口呼吸では外気は冷たいまま、また乾燥した状態で体内に取り込んでしまい、口の中が乾くため、唾液の分泌量も減少します。

口の中の湿度が下がり乾燥すると喉が傷つきやすくなり、付着したほこりや雑菌も排除されにくくなり、口の中の免疫力が低下します。

よって、喉を痛める原因となる感染症や病気を引き起こしやすくなるために、喉の痛みやイガイガなどの不調を感じることが多くなるのです。

口呼吸の場合はこのように花粉症のアレルギー反応による「のど」の炎症がひどくなる場合もあります。

3.花粉症の鼻水でのどが荒れる

人間は健康な状態でも、毎日1リットル以上の鼻水が作られています。

そのほとんどが気づかないうちに喉へ流れ落ちています。

その程度の量だったら「のど」が荒れることはありません。

しかし、花粉症の時は鼻水の量が増え、何度も繰り返し大量の鼻水が喉を通過してしまうので、喉が炎症を起こして痛みが引き起こされます。

花粉症の「のど」の荒れ、痛みは鼻水が原因で引き起こされる場合があるということです。

4.黄砂や大気汚染による「のど」の荒れ

花粉症は花粉以外にも、黄砂・大気汚染(PM2.5など)によって花粉症と同じ症状がでる人もいます。

3月~5月に「のど」の痛みがある場合は大気汚染により花粉症と同じ症状が現れ、結果「のど」の痛みを引き起こす場合があるということです。

5.「のど」が神経過敏

花粉症だけではなく喉が神経過敏であるということもあります。

温かい部屋から寒い部屋へ移動した時、くしゃみが出る人出ない人

温かいものを食べるとたくさんの汗をかき、鼻水も大量に分泌される人、どうもない人

人によって体質・神経過敏の度合いはさまざまです。

花粉症だけが喉の痛みの原因なのではなく、「のど」の粘膜の神経の敏感さも影響しているのです。

花粉症の「のど」の痛みを改善させる対策

ここで紹介する花粉症の対策は比較的即効性のある対策もあれば、日ごろから花粉に気がけて対処していく方法です。

花粉症の根本治癒を行いたい方は↓ページに詳しく記載しております。

花粉症 対策で治せる<花粉症はだれでも治る>

それでは、花粉症の「のど」の痛みの対策を見て行きましょう。

1. 花粉症の薬を服用する

花粉症の「のど」の痛みはアレルギー症状による喉の腫れや鼻水、鼻づまりが原因です。

これらのアレルギー症状を抑えれば、のどの痛みはおのずと治っていきます。

花粉症の薬は花粉症の主症状であるくしゃみ、鼻水、鼻づまりに効果があります。

どの薬が良いのかは人それぞれだと思いますが、私がおすすめするのはアレグラです。

これは病院でもよく処方される花粉症の薬で、処方箋なしでも薬局で購入出来、服用してもほとんど眠くならず、副作用が少ないというところが良いと思います。

花粉症の症状が軽い場合は飲んだ日から効きます。症状がひどい場合は数日飲み続けて効果を表し、さらに症状がひどい場合はあまり効きません。

あまり効かないというのは、重度な花粉症の私だったからかもしれません。

しかし、他の花粉症の薬と比較してもよく効くと思います。副作用があまりないのが良いと思います。

薬選びを間違うと副作用で眠くて眠くて、どうしようもない場合がありますので注意しましょう。

コメントは停止中です。