花粉症 対策で治せる<花粉症はだれでも治る>

花粉症 対策で治せる<花粉症はだれでも治る>

花粉症の症状を軽くするためには、花粉に近づかない、寄せ付けない、体に入ってこないようにする努力や工夫が大切です。
花粉症は時間はかかりますが誰でも治せます。
自己治癒と花粉症対策に取り組み、花粉症の完全治癒を目指しましょう。

花粉症の対策の基本の1つ目は、体内、特に鼻と目に花粉が付着しないようにすることです。
つまり、外出を極力避け、家にいる間は窓の開け閉めを控えるのが最大の予防になります。
今はスギやヒノキ以外にイネや麦といった花粉症の人も目立ってきました。
イネはお米だけでなく、イネ科の草の花粉であれば花粉症、つまりは花粉に反応してしまいます。

またハウスダスト、pm2.5や黄砂も花粉症の原因の1つです。

人によっては外出していようと、家の中にいようといつでもどこでも反応してしまいます。

花粉症の対策にはまず原因を知る事

花粉症の原因はといえばスギ、ヒノキを大量に植林したからと思われがちです。

確かにそれも原因の1つではあると思います。

しかし、もっと根本的なところに目を向けるべきです。

花粉症は何もスギやヒノキだけではないのです。

今やそこらじゅうに生えている草の花粉にも反応してしまう人も少なくありません。

花粉症は現代になってから発生してきた症状なのです。

昔と現代で変わってしまったこと・・

それは「食」です。花粉症は食が変わってしまったことによるものが大きいのです。

単に食のあり方が欧米化したからではないのです。

日本食の要ともいえる「野菜」が化学肥料を用いた栽培に変わってしまったため、栄養不足になってしまっているのです。

栄養不足になった野菜は弱り農薬なしでは虫に食べられ、病気にかかってしまいます。昔は農薬など使わずとも育っていた野菜が農薬を使用しなければ育たなくなってしまいました。

農薬は野菜の表面に付着しているものもありますが、土に混ぜ込むものも多く、根から農薬を吸収するため植物全体に農薬を保持していることになります。

この農薬も人間の本来の免疫機構を正常でない状態へする原因とも考えられます。

農薬を含まない本来の栄養が豊富に入った野菜を食べようとしても、つまりは「食」を正そうとしても、本来の栄養を備えた食材が出回っていないのですから、そう簡単にはいきません。

化学肥料栽培、農薬栽培された野菜を食べないわけにはいきません。

目先の花粉症対策から根本的な花粉症対策まで、このサイトの花粉症対策をフル活用していただいて、花粉症脱却を目指しましょう。

花粉症対策 治療編

自然食品のショップで購入する

花粉症の原因は野菜や穀物などが栄養不足になってしまっていることと農薬を大量に使って栽培しているため、人が持つ本来の免疫が弱っているからです。

まずは農薬を使わずに栽培した食に改めていく必要があります。

自然食品を販売しているサイトからお米や野菜などを購入し食べるようにしましょう。

健康食品を使う

病院で処方される花粉症の薬も市販されている薬もそのほとんどが一時的に花粉症の症状を抑えるだけのものです。
舌下免疫療法治療薬も出てきましたが、スギの花粉対策だけです。

もっと根本的な部分を見直せばそんなものを用いずとも、根本的に花粉症を治すことができます。

健康食品と言っても、その原料が化学肥料を用いて農薬を使って栽培されたものであれば意味をなしません。

無農薬で化学肥料を使わず栽培した花粉症に良い自然なものを使っていると時間はかかっても確実に花粉症を治していけます。

どくだみ茶

どくだみ茶は昔から日本で用いられてきたすばらしい効能をもったお茶です。
動脈硬化や脳卒中の予防にもなります。
そして花粉症にも効果を表します。

これは1、2か月飲んでいたら治るのかと言うとそうではありません。

根本的に花粉症を治すためには数年飲み続ける必要があります。

1年も飲み続けると花粉を感じることが少なくなったと実感できるようになります。

短期間に大量に飲むと、1~2週間で花粉を感じなくなりますが、何でも大量に摂取するのは体に毒です。

緑茶やコーヒーや紅茶でさえ、大量にのんでいると胃を悪くしたり、貧血になったり、粘膜が弱ったりします。

それと同じです。

どくだみ茶なら何でも良いかと言うとそうではありません。

できれば国産のものが良いと思います。

土地が違えばその土地に住む生き物、微生物も違います。その能力も違います。

他国の土で育ったものより自分が住んでいる土地の近くであるほうが、その土地に合った免疫機構を備えていると言えます。

花粉症はミネラル不足が原因の1つでもあります。

どくだみ茶の栽培方法もミネラルを考慮した栽培方法であるべきです。

だれが栽培したかよりもどうやって栽培したかが重要です。

平地で栽培したものより山(山の土・自然の土)で栽培されたものがミネラル含有量は高いと言えます。

山で自然栽培または天然のどくだみを原料としたどくだみ茶であるほうがよいと言えます。

シソ(紫蘇)を食べる

シソもアレルギー症状を軽減させることができる野菜です。

しかし、スーパーで購入しようものならその農薬によって逆に体の免疫力が下がってしまい兼ねません。

シソは本来無農薬で育てることができる野菜です。しかし、農薬と化学肥料により栄養不足になった土では、大変虫がつきやすく、スーパーで販売されているシソは大量に農薬を使って栽培されているものがほとんどです。

それを知っている人(農家関係の人)はシソを一切買おうとはされません。

シソも無農薬で栽培され、国産のそれも山で栽培されたものが良いです。ミネラルを考慮した栽培であることも重要です。

シソには青シソ(大葉)と赤シソがありますが花粉症対策としてはどちらを用いても大丈夫です。

シソも1、2回食べただけでは花粉症は治りません。

ずっと続けて摂取する必要があります。

寝ている時の鼻づまり花粉症対策

花粉症の根治の部分について先にふれました。
上記の「花粉症対策 治療編」の内容を続けていると1年、2年、3年と年経つごとに花粉症が改善していくのが分かる事と思います。
あのつらい花粉症が時間はかかれど、どんどん治っていくのですから、やらない手はないことと思います。

さて、ここから先はこまごまとした花粉症対策に焦点を当てて記載していきます。

・夜寝ている時に、鼻がつまり口呼吸になってのどが乾燥してしまう。
・のどが乾燥するとのどを痛め、風邪も呼び込んでしまう。
・鼻がつまっているため苦しくて目が覚めてしまうこともある。
・鼻づまりで眠れない。

夜寝ている時の鼻づまりはつらく、苦しいものです。
花粉症の飲み薬ではあまり効き目が薄く大して効果は望めないこともあります。
そんな時は鼻孔拡張テープ「ブリーズライト」はおすすめです。

これを付けて寝ると息ができます。

力技で鼻の孔を広げるような感じです。
少し鼻の穴が広がるのだと思います。
いろいろ試したんですが、夜寝るときの花粉症による鼻づまり対策は拡張テープが良いと思います。

鼻の下が真っ赤になって痛い時の花粉症対策

ずばりリップクリームです。

鼻の下の痛いところにリップクリームを塗りましょう。

リップは皮膚が柔らかい唇に塗るものなので、荒れた肌にもやさしく修復も手伝ってくれるのだと思います。

花粉症でメイクが落ちてしまう時の対策

花粉症の時期はマスクをするのが一番だと思います。
メイクも良いのですが、花粉症の時期は疲れ切った顔になってしまうのです。
「やつれる」と言ったらよいのでしょうか。
だから、花粉症でメイクが落ちてしまった時の対策を考えるよりマスクで顔を隠すのがおすすめです。

ティッシュで鼻に栓をしてマスクで隠しておけば鼻水が垂れてくるのを防ぐこともできます。

花粉症対策 基本編

1.マスクを付ける

マスクをする。
これは基本中の基本です。
外出時は特にいつでもマスクをすることがポイントです。
花粉症の症状がひどい人は家の中にいても寝る時でもマスクをしましょう。
寝ている時は反応しなくても、布団のほこりやハウスダストを大量に吸い込んでいますので朝起きたら花粉症・アレルギー性鼻炎で鼻水だらだらなんてこともあります。

寝苦しいかもしれませんが、自身の体調に合わせて可能であれば寝ている時もマスクをしましょう。

2.めがねをする

花粉症は目もかゆくなります。
耳もかゆくなります。
その対策として、めがねは多少有効な場合があります。
風が強い日などは直接目に風を受けずに済むため、花粉の付着を防ぐことができます。

3.外出から帰った時は花粉をはらう

外出すると目には見えなくても洋服に花粉がつもったり、付着したりしてしまいます。

家に入る時は花粉をはらうことが大切です。

家族が外から帰ってきたら鼻がムズムズしてしまうのは、洋服に花粉を付着したまま帰って、家の中に花粉をまき散らしてしまうからです。

コメントは停止中です。