月別アーカイブ: 1月 2018

花粉症でも咳が出る!?秋の花粉症かもしれない咳症状

花粉症でも咳が出る!?秋の花粉症かもしれない咳症状

花粉症には鼻症状や目の症状の他に、咳が出たり喉に症状がでることもあります。

そのため風邪と間違え、花粉症だと気づかない人が少なくありません。

風邪かなと思ったその咳、もしかすると秋の花粉症かもしれません。

秋の花粉症とは

花粉症といえばスギやヒノキが有名で春に多いイメージですが、秋にも花粉症に悩む人は少なくありません。

その原因は、ヨモギやブタクサといったキク科の雑草やイネ科の植物などがあり、実はこの原因となる植物の種類が春に比べて多いのが特徴です。
これらの花粉が秋に飛散のピークをむかえます。

さらに春のスギ花粉に比べて秋の花粉はサイズが小さいため、鼻水や目のかゆみなどに加え喉の方にまで症状が出ることがあります。
それが喉の痛みや咳を起こしたりします。

秋は空気の乾燥もあり、春に比べて症状が悪化しやすくなります。
悪化すると喘息や肺炎のような呼吸器系の症状が現れて長引いたりすることもあります。

風邪症状との違い

風邪じゃないのかな?と思うような症状の時、以下を参考にしてみて下さい。

花粉症の場合

・鼻水は透明で、かんでも水のようにどんどん出てきます。

・咳が出ることもあり、その場合はコンコンと乾いた咳が続き、長引いたりします。

・くしゃみが一日に何度も出ます。

・目のかゆみや充血など、目に症状が現れることが多いです。

風邪の場合

・鼻水は白っぽいもの~黄色い粘り気があるものが出てきます。

・咳は痰がからんだようなガラガラした咳が数日続きます。

・くしゃみは出てもそんなに頻回に出ることはありません。

・目に症状が出ることはありません。

花粉症の悪化予防と対策

誰しもがいつの間にかなってしまう可能性があるのが花粉症です。

なってしまったら症状が悪化しないように対策することが大切ですね。

それには薬を使ったり、乾燥対策をしたり、食事で花粉症に負けないカラダづくりなどがあります。

まずは悪化予防を

花粉症になってしまったら、まず花粉をなるべく取り込まないように努力することが必要です。

・外出時にはマスクを着用する。

・家に帰ったら玄関に入る前に衣類などの花粉を取り払い、家の中に花粉を持ち込まないようにする。
・手洗いとうがいをする。

・室内では空気清浄機を利用する。加湿機能付きだとさらに効果的です。

花粉症対策

花粉症症状が強くなってきて日常生活に影響があると困ります。

その場合、症状に応じて対策することが必要でしょう。

花粉症に効く市販薬

鼻炎などのアレルギー症状を抑える薬が役に立ちます。

咳が出る場合は、気管支の収縮や花粉によるアレルギー症状をやわらげる抗ヒスタミン剤が入っているものが効果が期待できます。

鼻炎などのアレルギー症状を抑える内服薬

・アレグラFX

・アレジオン20

花粉症が原因の咳を抑える咳止め液

・新トニン咳止め液

・新ブロン液エース

・ジキニン液D

・アネトンせき止め液

咳や喉の調子に乾燥対策

秋になると空気が乾燥するようになってきます。

その乾燥が、咳や喉の症状など花粉症の悪化につながりやすかったりするので乾燥にも注意しましょう。

・マスクを着用する

・水分をこまめに摂る。

・加湿器を利用する。

・乾燥に良いとされる食材をカラダに摂り入れる。

食事で体質改善

毎日の食事でカラダづくりをして花粉症対策するのも一つです。

花粉症に効くと言われている食材

・レンコン

・わさび

・玉ねぎ
・しそ

・青魚

・ヨーグルト

乾燥に効くと言われている食材

・レンコン

・玉ねぎ

・大根

・しそ

・しょうが

・キクラゲ

など共通する食材もあります。

薬のような即効性はありませんが、日頃からこれらの食材を日々の食事に意識的に摂るようにすることでカラダの調子を整えていくこともよいでしょう。

さいごに~花粉症による咳で悩む方に~

咳は長引くと体力を奪われ、気管が過敏になりさらに咳が出る原因にもなります。

また夜間に咳が出ることが多く、咳が続くと睡眠不足にもつながってしまいます。

日中だけでなく夜間もマスクをすると自分の呼吸でマスク内が湿潤し、鼻や口の乾燥を防いで気管への刺激をやわらげてくれます。

前述したように咳止めを利用するのも有効ですが、咳は異質なものに対する防御反応の現れであり、続くと喘息や肺炎のような症状を引き起こすおそれもありますので、長引く場合は受診して医師に相談しましょう。